品質
Quality

株式会社Pシールの防水工事・大規模修繕工事の「品質」についてご紹介いたします。
品質向上させる技術・資材・道具・環境という“こだわり”があります。

1つ1つの“こだわり”が
高品質という結果に繋がる

CONTACT
お問い合わせはこちら

Technique

1級技能士による施工

Pシールでは、必ず行っていることがあります。
材料メーカーが講師を務める社内勉強会を定期的に開催すること。
新人教育の為に会社が定めた大きな課台を、日々練習すること。
仕上げ不良個所や、クレーム部位の写真を全員で共有すること。
こういった日々の積み重ねの結果、全員の意識が高まり自然に1級シーリング技能士になることができています。

場所を選ばない技術

“新築工事”と“改修工事”のどちらかに偏った工事をしている会社が多く存在します。
しかし、Pシールでは「名人壁選ばず!」という考え方を重んじています。
新築工事では、ゼロから建物に関わることで建物の構造を理解し、外側からは見えない不良個所をイメージ出来る技術を身につけることができます。
改修工事では、適正な漏水調査や建物診断に応用することができ、図面から建物の構造を理解・確認し、漏水部分までの”水みち”を可能な限り想定する技術を身につけることができます。
この新築工事と改修工事の両方の技術があるからこそ高品質の施工を提供することができています。
その他にも、職人の技術向上や安全対策案や意識、最新情報建築事情の取得等もPシールのこだわりです。

圧倒的な施工の速さ

防水率100%という高い品質を維持している理由の一つとして、施工技術レベルの高さがあります。
特に“品質の高い施工”を行う「速さ」は他社に比べ圧倒的に違います。
その速さにより施工時間を短縮できるからこそ、施工前の調査・診断、施工後の確認・修正にしっかりと時間をかけ、見落としを徹底的に無くした高品質な施工をすることができます。
また、各作業所毎に目標の労務人数を設定し、やりにくい環境でも知恵を出し対応することで作業スピード向上を図っています。同時に他の業種との絡みや工期などを考慮して段取りの良い仕事を心がけ作業しています。

Material

徹底した資材管理

Pシールでは、お客様に少しでも高品質な施工を提供するため、資材の使用期限を管理しています。
シーリング材の使用期限(賞味期限)が切れたものは、間違って施工で使用することがないように、必ず適切な処理をした上で廃棄をしています。
この徹底した管理が、Pシールの施工が高い評価をいただいている理由の1つだと感じています。

認められる品質

Pシールは、横浜ゴムSC会会員・サンスターDSS会会員・ダイワハウス認定施工店です。これらは、施工実績・組織力などを評価された会社のみが登録でき、メーカー推奨の工事会社となります。
また、各メーカー様と二人三脚でシーリング材を調査・開発・制作しているため、他社にはない最適なシーリングを提供することができています。

Tool

品質を高めるヘラ

Pシールの職人は、高い耐久性・耐水性・強度で水を100%止めるために、こだわりの「ヘラ」(金ベラ・バッカーヘラ)を数十本使い分けて施工しています。
バッカーヘラ(竹製)は、各職人が竹林から竹を伐採して1本1本自分の形に仕上げたオリジナルのものを使用しています。
自分の手に合い、自分の施工法に合うように製作しているため、適材適所で最適なヘラを使い分けて施工することができ、品質を高めることができます。
また、オリジナルの角ベラを作り、日々手入れやメンテナンスをすることによって、道具への愛着が湧き、各職人達の施工に対する“こだわり”が生まれ、結果的に施工の「質」の向上につながっています。

Environment

職人の「健康」が高品質を生む

最新の道具や材料を揃えても「人」がいなければ工事は成り立ちません。
高い品質の施工・工事を提供するために1番大切なのは職人達の健康です。
もし、会社側が職人へのケアを怠り、ケガ・体調不良・病気などにより一人でも欠けてしまうと様々な弊害が生じます。工期の遅れ、労力的負担の増加、精神的な負担の増加など、品質は確実に下がります。
Pシールでは、会社ではなく職人ファーストという考えのもと、職人の健康を1番大切にしています。
全員が安全装備着用(・長袖 ・空調服(夏)・ハーネス帯・2丁掛け安全帯・ヘルメット・安全靴・車止・ベスト)、健康診断年2回、定期メンタルヘルス講習会など職人が健康的に働くことのできる環境があるからこそ、高品質の施工を提供できると考えています。

信頼関係・団結力

工事・施工はチーム作業のため、団結力(チームワーク)が必要不可欠です。
Pシールでは、職人達の信頼関係を築くために定期的にミーティング・食事会・勉強会などを行い団結力を高めています。
また、社員は直行直帰をせず、毎日会社で顔を合わせ自然な形でコミュニケーションを取ることができる環境も、信頼関係向上に繋がっています。
ミーティングでは、各自がそれぞれのテーマで資料を作り、全員の前でマナー・教育などの人間力向上のプレゼンをしています。
その他にも現場でのクレームや改善点を話し合い、品質向上に努めています。

TechniquePシールの技術

Pシールの強み

Job info求人情報